フィットネスでaiが活用、その理由とは

屋内運動31

フィットネスクラブでは、健康やダイエットなどのために様々な器具が用意されている施設です。そこには専任のアドバイザーがいて個人の目的や目標に合わせたプロブラムを作成してくれたり、指導を行ったりしてくれます。

フィットネスクラブ以外ではスポーツジムと呼ばれています。そこで、専任のアドバイザーがaiという画期的なフィットネスクラブがあることをご存知でしょうか?ここでは、その内容について説明していきます。

AIとは

AIとはartificial intelligenceの略で日本語では人工知能と呼ばれている機械です。人間に近い知能を持ち、計算や情報処理を行い適格な言語を話すロボットです。人間よりも瞬時に計算や情報処理能力を持つことが可能になってきており、自動車や工場、店舗などで見かけることが多くなってきました。

たとえば、自動運転の技術を持った自動車、自動改札や自動レジ、工場での生産活用などが挙げられますね。さらに現在は開発が進んでおり、将来的には今以上に進化したAIを見ることが出来るようになります。

フィットネスクラブにおけるAIの活用について

フィットネスクラブでは最先端の技術を持ったAIを使用したコミュニケーションツールを活用することが多くなってきました。その理由としては、人それぞれにフィットネスクラブに通う目的や目標が違うためサポート内容が変わってくることや、フィットネスクラブにいない間の自己管理などを指導するためといった背景があります。

たとえば、フィットネスクラブにいる間は専任のアドバイザーが指導してくれますが、一歩外に出てしまうと管理や指導をしてくれる人はいません。そのため、どんな運動をしたらいいのか、どんな食事をしたらいいのか、といった悩みが出てきます。

このような時にAIを活用したコミュニケーションツールがあると、個別に合わせた食事内容や運動内容の指導メールが届いたり、個人に合わせたトレーニング動画が配信されたりすることもあり、フィットネスクラブにいない間でも安心して個別の目標、目的に合わせた健康作りが行えるようになります。

lineを使用したコミュニケーションツールとは

屋内運動33

フィットネスクラブに通い続けることは健康的に良いことだと分かっていても、体調不良が続いてしまった場合や忙しくて行けなくなってしまった場合、時には行くことが億劫になったり、辛いから控えようとしたりネガティブな感情になってしまう人も多く出てきます。

そのような場合にlineを使用したAIコミュニケーションツールがあります。このツールは会員登録しているフィットネスクラブから送られてきます。その内容としては、フィットネスクラブに来られない間でも自宅でできるフィットネス動画の配信や食事内容を写真に撮って送受信することでアドバイスを貰ったり、近況報告を行うといった内容です。

その他、メースマガジンや最新情報なども送られてきます。このようなアドバイスを貰い続けると、次はいつ行こうかな、また頑張りたいなという気持ちを持つことが出来るようになってくる人も多くなりますし、ネガティブだった感情がモチベーションアップにつながるケースもあります。

さらに、lineは催促するような内容ではありませんので、返信しなくても大丈夫というところが魅力的ですね。

フィットネスとリハビリテーションの応用とは

屋内運動39

フィットネスクラブは健康増進するため、からだを鍛えるために通う方が多いクラブです。通所することで鍛えていくプログラムがメインになりますが、通いたくても行けない人もいます。たとえば、高齢であったり、足腰の不自由があったりすると行くことが困難になります。

そのような場合に自宅でトレーニングが出来るようなAIを搭載した動画配信サービス機器があります。これはリハビリセンターや病院でも行われていますし、一般の人も購入することができます。専門の機器に個人の目標、目的を設定すると、それに合わせた内容で動画が配信されますので、その真似をするだけで体を鍛えることが出来るというシステムです。

わずが5メートルと1.5坪の場所があれば使用可能で場所を選ばずに行うことが出来ます。教えるために資格は不要なので、リハビリセンターや病院、介護施設などで職員が動画を見ながら利用者に教えることも出来ます。

さらにエクササイズのスコア、結果を瞬時に判断してくれますので、個人に足りない部分、もっと鍛えた方が良いと思われる場所をAIが判断し説明してくれますので運動機能向上に役立てられ、転倒予防や骨折予防などへ繋げることも出来ます。

フィットネスクラブのAI導入はこれからどんどん進んでいく

現在のフィットネスクラブやフィットネスジムではAIを導入をしている施設が多くなってきました。その背景には、利用者に健康になって貰うための工夫がなされています。個人の目的に合わせたプログラムを成功させるためには、フィットネスクラブに通うだけではなく、毎日の自己管理が大切になってきます。

毎日続けることが成功の近道ではありますが、事情があって通えない人もいます。そのために進化したAIが活躍を見せてくれます。成功するためには、運動だけでなく、毎日の生活習慣の見直しも必要になってきます。運動以外では不規則な食事や生活スタイルを見直す必要があります。

そのために献立を送受信して評価を得たり、毎日の健康状況を報告したりするAIサービスが非常に役立ちます。また、通いたくても通えない人のために作られたAI機能もあります。自宅をはじめ医療機関、福祉機関などで使用できる動画配信によるフィットネスでは健康だけでなくリハビリにも応用できるメリットが備えられていますので利用者は無理のない範囲で行うことが来ます。

通常、病院や介護施設ではPTと呼ばれる理学療法士がいますが1対1の対応になりますので時間がかかります。そこで、大人数で一度に同じ内容を行うことで時間短縮に繋がり、利用者は動画を見て真似するだけで行うことができるので、PTの立場としては広い範囲で1度に利用者の様子を見ることが出来ますし、もし不自由があった利用者を見かけた場合などの対応もスムーズになります。

このようなメリットから使用されることが多くなってきています。体力作りのため、ダイエットのため、健康増進のため、様々な理由があって、目的や目標を持って行う人が多い中でAIは個人の能力を瞬時に判断でき、サポートを行ってくれますので活用範囲がこれからも増え続けられます。

私たちの身近な存在になる日も遠くはないです。